ガン患者と家族の会とは

なぜ会を作ろうと思ったか

 

私たちガン患者と家族は、言いようの無い苦しみと恐怖の中で日々を過ごしています。
また、ガンでご家族を失った人たちも、心に深い悲しみを持ち続けています。

『不安や恐怖に襲われることがあります』
「夜、寝られない・・・」「イライラして誰にでもあたってしまう・・・」と訴える人がいます。ガンになった時、不安や恐怖心が強く出てしまい、それを克服し精神を安定させるのは大変難しいことだと思います。
いろいろな事を考えてしまって、眠れなくなったりします。痛みなどがある場合はなおさらです。

『この治療で大丈夫だろうかと心配です』
また、治療に対する不安もあります。
この治療で本当にこの病気がよくなるのだろうか・・・、副作用が強いけれど、この抗ガン剤は効いているのだろうか・・・等々です。
体力的にも消耗して、もっと悪くなるのではと不安感にさいなまれます。
これでは免疫力は下がる一方です。

『相談相手がほしい・・・』
このような時、お医者さんが相談相手になってくれればよいのですが、一般的にお医者さんは忙しく、よく話しを聞いてくださる方は少ないのが実情です。

『気持ちを分かち合いたい』
私たち人間はそれほど強い生き物ではありません。
気持ちの浮き沈みは必ずあるものです。
よし大丈夫だと思っても、しばらくするとやっぱりダメだ・・・と気持ちが沈んだりします。
そんな沈んだ気持ちの時ほど、元気づけてくれる精神的な支えが必要ではないでしょうか。


ページの先頭へ
 

心から応援しようと決意

 

そこで、私たちは実際にガンを克服した人たちと話し合って、自分たちと同じように苦しんでいる方々のお役に少しでも立ちたいと思い、また、私たち自身の健康増進のためにも、心身ともに元気になる会を作ろうと決意した次第です。
このことをガン闘病で苦しんでいる方々にお話したところ、「ぜひやってもらいたい!」と賛同の声を頂きました。
また、私たちに日頃から協力して頂いている病院の先生方にもご相談したところ、喜んで力をかして頂けるようになりました。まさに百人力です。

『自然治癒力を高める会に!!』
ご理解とご協力を頂いた私たちは、この会を、ガンの部位や性別・年齢に関係なく自由に参加していただき、会員自身の自然治癒力の向上を目指し、家族と供に元気を得ていただく会にしようということで「自然治癒力を高めるガン患者と家族の会」と命名いたしました。
さらにこの会では、医師や治療師とともに自然治癒力を高めるための実践的な方法を勉強していきます。会員の皆様にこの会を活用して頂き、お互いに心身ともに元気になれるよう、そして日々生き生きと生活できるよう活動していきます。


ページの先頭へ